美容と再生医療、THE CLINIC の関係性

THE CLINIC が提唱する再生医療の可能性

THE CLINIC が提唱する再生医療の可能性

美容外科のTHE CLINIC が理念としているのは、「社会から必要とされ、社会に役立ち、社会を発展させる」こと。その理念に基づき、現在グループをあげて大きな目的に掲げているのが、「脂肪細胞を活用した再生医療の推進」です。

THE CLINIC が描く将来のビジョン~再生医療の推進~

美容外科の領域において脂肪組織は常に意識すべき存在であり、切っても切り離せない関係にあります。しかし、これまで美容における“厄介者”でしかなかった脂肪組織は、今や再生医療の現場でなくてはならない存在になろうとしています。

THE CLINIC が描く将来のビジョン~再生医療の推進~

脂肪には、新たな脂肪や血管のもとになる細胞を生み出す「脂肪幹細胞」が豊富に含まれています。この脂肪幹細胞を活用することで、乳がんで切除した乳房の再建なども可能になるのです。脂肪を活用した再生医療が注目されている理由として挙げられるのが、体への負担が少ないこと、安全性が高いこと、低コストで十分な量を採取可能であることの3点。そして、その“脂肪の採取(吸引)”に圧倒的な実績を持っているのが美容医療です。

再生医療における大きなアドバンテージ

再生医療における大きなアドバンテージ

2014年の11月25日、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律(再生医療等安全性確保法)」が施行され、これにより日本はこの分野において世界的な競争力を持つための環境が整備されました。

再生医療の社会への浸透は自由診療領域から始まります。ほぼすべての施術が自由診療である美容外科は、他の診療科と比べて早くから自由診療サービスを確立してきたため、多くのノウハウと実績があります。つまり美容医療は、再生医療の進化において非常に大きなアドバンテージがあると言えるのです。

再生医療の進化で新しい価値を

再生医療の進化で新しい価値を

THE CLINIC は、安全性と医学的エビデンス(証拠・根拠)にこだわり、常に最新技術を導入していく、いわば「研究開発型」クリニックです。他のクリニックとは異なり「世の中に新しい価値を創ること」に重点を置き、業界をリードして、美容外科医療の社会的ステータスと意義を高めることを常に目指しています。そして、老化で失われていく機能を補う「美容」という分野を入り口として、再生医療分野においても世の中に新たな価値やよろこびを創り、人々の生活を豊かにしていくことに貢献します。