ドクターインタビュー

目指すのは、ボディデザイン分野で世界一の美容外科医。

THE CLINIC 大阪院長ドクター中居 弘一

目指すのは、ボディデザイン分野で世界一の美容外科医。

THE CLINIC 大阪院長ドクター中居 弘一

“すべてのゲストを笑顔で帰す”美容外科医に

現在のお仕事についてお聞かせください

ドクターとしては、大阪院で脂肪吸引や脂肪豊胸、脂肪を使った若返りといった手術を中心に行っています。ここ数年は他院で手術を受けたにも関わらず想像通りの結果にならずに悲しい思いをしている方の修正手術が増えています。これも難しい手術ですが、とてもやりがいがある仕事ですね。そのほか、ブログやコラムなどによる正しい美容外科医療の啓蒙や手術紹介、ゲストのアフターケア、トラブルシューティング、新人ドクター指導……そして、手術機材や設備などのメンテナンスまでやっています(笑)。

それから大阪院長としては、医院全体のマネジメントをしています。おもな業務は定期面談などでスタッフ一人ひとりとコミュニケーションを取って、みんなのモチベーションをしっかりとキープすること、そして業務全体の流れに改善すべき点がないかを常にチェックすることです。ただ、マネジメントとは言っても、周りのスタッフに助けてもらっていることもたくさんあります。

“すべてのゲストを笑顔で帰す”美容外科医に

THE CLINIC に入職された決め手はなんだったのでしょうか?

もともと私が医師としてのキャリアをスタートさせた分野は脳外科でした。でも脳外科では患者様の最期に立ち会うのが日常茶飯事です。そんな環境に身を置くことがつらくて限界を感じ、「すべての患者様が笑顔で帰れる診療科はなんだろう」と真剣に考えたところ行き着いたのが美容外科でした。

前職の大手美容外科クリニックでは本院の院長にまでなり、スタッフからも多くの手術依頼をもらっていました。それ自体は光栄なことでしたが、反面「もし自分自身が頼むとしたら」と考えると、全幅の信頼を預けられる人がいないことに気がついたんです。

そんなときに出会ったのがTHE CLINIC でした。研修でTHE CLINIC を訪れる機会があり、そこでドクターやスタッフのあまりのクオリティの高さに驚いて、もし自分が手術を受けるならここしかないと確信しました。そして、ここなら自分の医師としてのレベルをさらに高められると思い、本院院長の職務を投げ打ってTHE CLINIC に入職することを決めました。

ゲストとの出会いが支えた“クオリティ”

中居先生から見てTHE CLINIC の強みはどんなところだと感じますか?

やはりスタッフのクオリティです。ドクターひとりが上手にオペできても最善の結果は得られません。ドクターの考えや技術を理解し、支え、一緒に進歩してくれるスタッフがいてくれるからドクター陣は能力を最大限に活かせます。ですから、THE CLINIC の医療品質を支えているのは、ナースやコンシェルジュも含めたスタッフ全員のクオリティと、それらが生み出すチームワークだと断言できます。

ゲストとの出会いが支えた“クオリティ”

中居先生自身の“クオリティ”を支えてきたものはなんだったのでしょうか?

ひとつは若手ドクターの存在です。「なにくそ」と先輩を追い抜こうとする若手ドクターがいてこそ、チーフサージャン(外科医)はさらに成長を加速することができます。そして、一番「なにくそ」と思っているのが私です。まだまだ若手に負けるわけにはいきませんので(笑)。

それから、もうひとつがゲストの存在です。大阪で美容外科医のキャリアをスタートさせた1年目に、加齢による下まぶたのたるみでお悩みのゲストの手術を担当することになりました。でも、経験の浅かった私の技術では十分なクオリティを提供できず、術後にご満足いただくことができませんでした。それで、その方には丁寧にお詫びしたうえで「今はこれが自分の限界ですが、5年後は最高の手術を提供してみせます。なので、5年間待っていただけませんか」と誠心誠意、伝えました。

それからは、つらいときには決まってその方のことが頭のチラついて、「このくらいでいいか」という自分の甘えをいつも拭い去ってくれました。「最高の手術してくれるんちゃうんか」って、大阪のおばちゃんの声が聞こえてくるんですね(笑)。

そして5年後、実際にその方は約束通りもう一度私のところに来て、手術を受けてくださいました。5年間、全力で磨いた技術を持って、恩返しのつもりで心をこめて手術させていただきました。当初のことを思えば、見違える出来だったと思います。すごくご満足いただけて、最終的には「これからは大阪のおかんや思いなさい」と温かい言葉をいただけました。こうしたゲストとの出会いも自分を成長させてくれた大きな要因だったと思います。

目指すは、“世界一”の美容外科医

思い描いている将来のビジョンや目標についてお聞かせください。

脂肪組織を用いたボディデザインの分野で世界一の技術を持ち、世界一ゲストにご満足いただける美容外科医になることです。そのためには技術を磨くことはもちろん、一人ひとり違うゲストのニーズを的確に理解し対応する柔軟性や洞察力、想像力も高めていく必要があると思っています。そしてもっと将来的には、自分を抜いて世界一になる美容外科医を育てたいと思っています。

目指すは、“世界一”の美容外科医

技術を高めるために大切なことはなんでしょうか?

細部にこだわり、当たり前のことを当たり前に積み重ねることです。ひとつのオペは、たくさんの小さな作業を積み重ねることで作り上げられます。しかし、当たり前のことを積み重ねていくのは、実はすごく難しいことです。当たり前のことだと思うとどこかで手を抜いたり、流れ作業のようになったりしてしまうからです。

もし自分がゲストだったらそんなドクターに手術してほしくはありませんから、常に細か作業にこそ、こだわるようにして手術を行っています。常に細部にこだわり、当たり前のことを当たり前に積み重ねていくことで至高のものができ、さらに進化することができると信じています。

美容医療の最高峰を目指しましょう

中居弘一

これから一緒に働くかもしれない方へメッセージをお願いします。

ひと昔前だと美容外科手術というと、人に隠れて受けるものでした。ところが時代は変わり、今や母娘で、友人同士で、恋人・夫婦で、そして父娘(!)でクリニックに来院し、手術を受け、笑顔で帰っていただくようになるほど世間から理解を得られるようになりました。

そんな今、一番必要とされているのは「美容医療のかかりつけ医」です。そして私自身、「美容医療のかかりつけ医」として一人のゲストの笑顔を長きにわたってサポートできることに一番の幸福を感じます。これをご覧いただいて何かを感じていただき、THE CLINIC に興味を持っていただけたら幸いです。

素直な気持ちで何にでも興味を持てる方、常に探究心を持って新しいことにチャレンジしたい方には、当院は最高の環境だと思います。ぜひ一緒に、美容外科の最高峰を目指して切磋琢磨していきましょう。